LEDとは?

ホーム >> LEDとは?

LEDとは?

LEDとは?LED(Light Emitting Diode)とは電気を流すと発光する半導体の一種です。
発光ダイオードとも呼ばれています。
LEDは、通常の白熱灯や蛍光灯と、構造自体に大きな違いがあり、発熱せずに光を発するため、消費電力が極端に低く、CO2の排出削減としても地球に優しい照明です。
ロウソク、電球、蛍光灯に続く、次世代照明として期待されています。

LEDの特徴

LEDの特徴一番の特徴はやはり省エネ性です。
従来の電球や蛍光灯と比較して消費電力は1/2~1/3程度といわれており、小電力でも強い光を発します。

長寿命ということも大きな特徴で、従来の蛍光灯の寿命は5,000~12,000時間といわれていますが、LED蛍光灯の寿命は40,000時間以上といわれています。

また素材にガラスを使っていないため、衝撃に強く破片の飛散による危険を抑えることができ、水銀のような有害物質を含まない のも大きな特徴です。

LEDは地球の救世主

LEDは地球の救世主日本において全消費電力のうち照明に使われる電力は30%程度だといわれています。それらがすべてLEDに置き換わると概算で1,800億kWの電力を節約することがで きます。

それによって温室効果ガスであるCO2も73,800トン削減される計算となり、地球温暖化対策に大きく貢献できることになります。

先進国として私達がやらなければいけないこととして、自分達で使う照明は自分達の手でLED照明に置き換えることであると思っています。

電気消費量削減事例